古今東西〜宝石のカット方法〜


もしも、「古今東西、宝石のカット方法」というものをやるとしたら、
皆さんは何種類まで言えそうですか?
宝石に興味のない方でしたら、ラウンドブリリアントカットの
1種類だけで手詰まりかもしれませんね。
しかし、宝石のカット方法は実に多岐に分かれており、
有名なものでもダイヤモンドカットには30種類ほどもあるそうです。

たくさんの種類のカット方法がありますが、
この種類で特に使われやすいカット方法というものが存在します。
それらは目的や耐久度の面から、そのカット方法を選択するそうです。
例えば、ダイヤモンドは美しく屈折光を出すために、
ブリリアントカットの形式を取ることが多いとされています。
それに対し、エメラルドは割れやすいという弱点をカバーするために、
四方を丸く切り取ったエメラルドカットと呼ばれる
長方形タイプがよく選択されます。
また、光の屈折よりもその宝石が持つ色を見せたい場合は、
カボションカットという丸みを帯びた構造がよく取られます。

celux lover weddingのジュエリーは主にダイヤモンドを使用していますが、
このカット方法はブリリアントだけに留まりません。
オーバルカットやマーキーズカット、ペアカット、ハートカット、
エメラルドカットなど多種多様なカット方法にて
celux lover weddingはダイヤモンドを提供しています。
また、celux lover weddingは代表的な30種類に限らず、
オリジナルブランドのカットも用意しているのです。
カット方法というよりも最早商品名に近いですが、
アストラルテールやブライトシャンデリアなどの
ハイクオリィーダイヤモンドを製造しているのです。

詳しくはcelux lover weddingのショールームでご確認をお願いします。
特にロイヤルセリュックスは最高級の輝きを放つと言われているそうです。