合金は耐久度を上げるのに欠かせない


celux lover weddingのジュエリーのリングや
ネックレス部分の金属はよく、18金のものが使われています。
18金とは純金を75%だけ使い、
残りの25%を別の金属を混ぜる合金
になります。
ほぼ100%の24金の方が高級感はありそうですが、
純粋な金、銀、プラチナは大変壊れやすい性質を持ちます。
それらは非常に柔らかく、爪で引っ掻いた程度でキズが付くそうです。
それゆえ、強度を補強するために、合金という手段を取っているのです。

celux lover weddingのジュエリーの土台となる金属部分は主に、
18金ホワイトゴールドと18金ピンクゴールドの2つを使っています。
ジュエリーに白さを欲しい時は
ホワイトゴールド(主にニッケルがブレンドされている)
金色さを欲しい時はピンクゴールド(銅がブレンドされている)
そして、黒さを欲しい時はオニキスを使い分けています。
なお、オニキスはリングの表面を加工する程度で使いますので、
全体の素体となる部分はやはりホワイトゴールドとピンクゴールドが主役です。

celux lover weddingに限らず、世に存在する
数多くのジュエリーには18金のものが使われています。
おそらく、この18金がコストパフォーマンス的に都合が良い価値なのかもしれません。
安すぎず高すぎず、それでいて頑丈さを求めたところ、
純金の18金という比率が最上として判断されたのだと思われます。

使用者が長く使い続けるためにも、celux lover weddingのジュエリーに
使われている合金技術というものは、欠かせないのでしょう。