割金に何を使うかで色と強度が変わる


地金とは純物質のことです。
純金とか純銀とかが相当します。
割金とは合金に混ぜる他の成分です。
18金は75%(重量比)が純金ですが、
残りの25%(重量比)の部分が割金の金属になります。
余談ですが、体積比で見ると18金は半々ぐらいです。

celux lover weddingのジュエリーは素体の多くに18金が使われています。
24金に比べて18金は強度が高く、実用品として向いているからです。
この18金の地金は金(Au)ですが、
割金には銀(Ag)や銅(Cu)を使用しています。
celux lover weddingでは18金ホワイトゴールドと
18金ピンクゴールドの2種類を扱っており、
ホワイトゴールドの割金はニッケル系かパラジウム系、
または銅、亜鉛、銀などが混ざるそうです。

実際に、celux lover weddingの18金ホワイトゴールドが
どの割金を使用しているかは、お問い合わせください。
それに対し、ピンクゴールドの割金は80%までを銅を使用しており、
残りの20%にニッケルやパラジウムなどを混ぜるそうです。
実際に、celux lover weddingの18金ピンクゴールドが
どの割金を使用しているかは、お問い合わせください。

カラーゴールドは他にも種類があります。
18金は基本同じですが、割金で使用する金属にて、
銀・銅・パラジウムなどの割合を変えることで
イエローゴールドやグリーンゴールド、
レッドゴールドと呼称されるようになるようです。
また、ブラックゴールドやベージュゴールドなるものもあるそうです。
正直、イエローもピンクもレッドも違いはほとんどないと思いますが、
僅かながらの赤みがうっすらと見えるそうです。