己の審美眼を信じてダイヤモンドを買おう


審美眼というものがあります。
辞書で引きますと、美を見極める能力のことです。

彫刻、絵画、書道、音楽とは違い、
ダイヤモンドの価値は非常に数値化しやすい分野です。
GIAが定めた4Cにより、大きさ無色度透明度カット構成
ダイヤモンドの価値を世界基準で測定する可能にしているのです。
そして、美しさのほども値段と比例します。
celux lover weddingのダイヤモンドもそれなりに一等品のものから、
最高級のモノまでが取り揃えられています。

ここで扱いが難しいのが、合成ダイヤモンドの価値です。
今や、見た目だけなら天然のダイヤモンドと遜色ありませんが、
多くの方は合成ダイヤモンドのジュエリーを手にしません。
一部、合成のダイヤモンドジュエリーを専門とする
宝石屋もありますが、それは極少数に留まっています。
やはり、celux lover weddingのように
天然のダイヤモンドを扱うところが主流のようです。

その理由はやはり、見た目と同様、
資産価値としての側面が強いのかもしれません。
ジュエリーの多くが、見た目も含み、
値段が高いという目に見えないステータスが重要視されています。

ただし、やはり値段というものは目に見えないステータスです。
値札を貼ったまま使用するのは論外ですので、見た目こそが最重要視されます。
この見た目もまた芸術のように分かりづらいものなのです。
仮にcelux lover weddingで取り扱っているダイヤモンドを、
商品として通用する最低基準の1点から年に数個しか取れないような
最高級品である100点まで点数を細分化しても、
もしもダイヤモンドの大きさが同じでしたら30点から
100点までは全て同じに見えるかもしれません。
celux lover weddingの最低基準が高すぎると言うのもありますが、
それだけダイヤモンドの見た目は分かりにくいものなのです。

それゆえ、決め手となるのは自分の審美眼です。
値段ではなく、自分で気に入ったダイヤモンドを
身に付けるというのが得策になります。
もちろん、辞退する理由に値段を挙げてもいいですが、
やはり自分と相性の良いジュエリーを身に付けたいものですね。
美を感じるセンスは世界共通ではなく、各自個人のモノですので、
ダイヤモンドやジュエリーを選ぶ際は自分の直感を信じるようにしてみてください。