他のダイヤモンドと差別化が図れるダイヤモンド


ダイヤモンドと言えば、女性であれば
誰しもが憧れる宝石の一つと言えます。
そして、他の人が持っていないダイヤモンドアクセサリーを
手に入れたい人もその中にはいると思います。
しかし、そうなると大概がカラット数がとてつもなく大きいもの、
希少なカラーダイヤモンドとどちらも
一般人では手が出せないレベルになってしまいます。

そうなると残りは、いかに特徴的な形かになってきます。
ですが、一般的なダイヤモンドの形は
“ラウンドブリリアンカット”と呼ばれる形がほとんどです。
なぜなら、ラウンドブリリアンカットが
最上の輝きを放つことができると言われているため、
ほとんどのダイヤモンドがこの形にカットされます。
そんな中、celux lover weddingというメーカーは独自に
ラウンドブリリアンカットを超える輝きを放てるカットの開発に成功しました。

celux lover weddingの独自のカット技術で作られる
『ロイヤル・セリュックス・ダイヤモンド』は、
8角形81面体の理想のプロポーションから
ラウンドブリリアンカットの約20%を上回る輝きを放つことができます。
この独自のカット技術をcelux lover weddingは
研磨業者と共同で2年の歳月をかけて完成させました。
しかも、国際的にデザイン特許も取得していることから、
他の宝石メーカーではこのカット技法を用いることができません。
まさに、“celux lover weddingだけ”のダイヤモンドということになります。

ロイヤル・セリュックス・ダイヤモンドを手に入れたい方はまず、
京都にあるcelux lover weddingのショールームに足を運び、実物を見てください。
その凄さをより実感することができます。