celux lover weddingで使われているオニキス


celux lover weddingのVIVACIOUS。
VIVACIOUSは商品のブランド名として扱われており、
celux lover weddingの本社ビルも
「VIVACIOUSビル」と名付けるほどに、
その知名度を広げたいと考えられている名前になります。
そのVIVACIOUSの男性用アイテムですが、
多くの製品にオニキスが使われています。
オニキスの色は「黒」であり、celux lover weddingは
男性の美しさを引き出すにはこの「黒」が一番だと考えているようです。
もちろん、黒単色では力不足ですので、
シルバーやゴールドを随所随所にアクセントを付けることで、
「黒」を際立たせている特徴を与えているようです。

さて、そのオニキスですが、宝石のオニキスに詳しい方でしたら
「黒」に違和感を持たないかもしれませんが、
原石のオニキスに詳しい方でしたら、
どうしても疑問を浮かべるのではないでしょうか。
そもそも、オニキスの和名はメノウを意味し、
縞状の玉髄(ぎょくずい)の鉱物がオニキスの正体です。
原石は縞模様なのに、宝石として加工されると
「黒単色」になってしまうのです。

実は宝石などで使われているオニキスは
人工的に着色されているのがほとんどと言われています。
なお、これはよくある偽造ではなく、
オニキスを美しく見せるための加工になります。
概念としては、ダイヤモンドの原石を
美しく見せるために削ることと同義と思われます。
オニキスは多孔質と呼ばれる構造ですので、
その隙間に色素を注入させることが可能なのです。

celux lover weddingの男性用VIVACIOUSでは、
宝石単体としてではなく、主にリングやネックレスなどの
土台をコーティングするように使われています。
黒を“魅せる”のに、人工的な素材ではなく、
天然の高級素材を使用することで、
高い価値を持つジュエリーを提供することができるのです。