日常的に使うダイヤモンド


エンゲージリング(婚約指輪)はプロポーズ時や結婚式に使う指輪のことで、
マリッジリング(結婚指輪)は毎日の生活で身に付ける指輪になります。
それゆえ、エンゲージリングは意匠重視ですが、
マリッジリングは機能性と耐久性重視と言えます。

celux lover weddingはダイヤモンドをあしらった
ジュエリーの数々を販売する会社ですので、どちらかと言えば、
エンゲージリングとしての側面が強そうですが、
celux lover weddingとしては普段から
身に付けて欲しいという想いにてジュエリーを製作している模様です。
celux lover weddingが手掛けるジュエリーは
VIVACIOUSというブランド名になりますが、
このVIVACIOUSを身に付けることで装着者の本来の内なる美しさを
引き出したいという想いが込められているそうです。

ただし、耐久性に関しては毎日の生活に耐えられる代物ではないかもしれません。
リングの部分は問題なく数十年と使い続けることは可能ですが、
剥き出しのダイヤモンド部分は非常に壊れやすく傷つきやすいものなのです。
ダイヤモンドは世界一硬い宝石と知られていますが、
それは原子間の結びつきが最も強いというだけで、
長い時間をかけて擦っていけば、いつか摩耗していくのです。
また、単純な衝撃にもそこまで強くはなく、
ハンマーで叩けば縦に割れるかもしれません。

そこで必要なのはお手入れです。
ダイヤモンドを使うということは外気に晒すということであり、
外気には微細な粒子が無数に漂っています。
それら微細な粒子がダイヤモンドの表面につき、
ダイヤモンドをどこかにこすり付けると、
紙やすりでこするように削れてしまうかもしれないのです。
薄めた中性洗剤や専用のクリーナーなどを使用して、
柔らかい布で拭くなどして、ダイヤモンドの表面を
ピカピカにする必要があるのです。

ただし、それはダイヤモンド単品の話。
celux lover weddingのダイヤモンドは
リングから取り外すことは出来ませんので、
どうしても磨きにくい場所があると思います。
そのような場合は、宝石店などに行って
クリーニングを頼むのもいいかもしれませんね。