celux lover weddingの輝きは錯覚ではない


クレイジーダイヤモンドをご存知でしょうか。
錯視の一種で、図形内が同じグラデーションのはずなのに、
濃く見える場所と薄く見える場所があるように
見えてしまう錯覚現象になります。
その時の図形の形がダイヤモンド型、
いわゆる菱形のカタチなことから、
クレイジーダイヤモンドと呼ばれることになりました。
世の中には、こうした錯覚現象がいくつもあると思います。

本物のダイヤモンドはクレイジーダイヤモンドは起きません。
煌めいているように見えますが、
あれはなるべくしてなる光の現象です。
celux lover weddingのダイヤモンドも
プリズムのように輝きますが、
それは光がダイヤモンド内部で適切に巧妙に
計算されて反射されているからです。
ダイヤモンドにも色々なランクがありますが、
市場に出回っている多くのダイヤモンドが
光を適切に反射されるよう作りこまれていると思います。

そして、celux lover weddingのダイヤモンドは
市場に出回っているものよりも、
ワンランクほど上質なものを使っていると思います。
celux lover weddingのダイヤモンドはすべて、
信頼あるサイトホルダー
(※ダイヤモンドの原石を取引できる資格。
この資格は世界に100社程度しか与えられていない)
からしか入荷しません。
鑑別鑑定書も日本で最も権威ある中立で
厳正な機関が発行したものですので、
その信頼度はかなりのものだと思います。

錯覚ではなく、本物の光を放つ
celux lover weddingのダイヤモンドはいかがでしょうか。
人工石にはない、輝きがそこにはありますよ。